ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『年下の男の子』 五十嵐貴久

年下の男の子

五十嵐 貴久 / 実業之日本社

スコア:



三十七歳、独身、一人暮らし。
ついにマンションまで購入してしまい、独身街道まっしぐらのOL晶子。
結婚願望は捨ててはいないものの、現実はかなり厳しい。
そんな時に現れた児島という男。
晶子に好意を持っているらしいのだが、彼は23歳。
14歳も年下の男の子との恋などありえないと考えつつも晶子は・・・・。



まぁ、アレです。
私には無理です、14歳も年下の子は。
・・・それはともかく、
主人公の晶子とまったく同じ歳の私は、この本を読んでいて「まぁ、羨ましい事で、チッ(舌打ち)」っていうのと、「やっぱりこれはフィクション(ファンタジー)だよなぁ」としか思えませんでした。
フィクションですけど。
そういう歳の差カップルもいるに違いない筈なんですが、やっぱり現実的にはかなり厳しいのではないかと。
まず、話なんて合わないし、世間体も気にするだろうし、将来の事も考えるだろうし、若い頃の好き嫌いはあてにならないし、などなど。
ただ付き合う分にはいいんでしょうけど、結婚なんてものも絡んでくると、さらにハードルは高くなる。
本の中で晶子もそこら辺の事を重々承知していて、歳の差に関して小さな事から大きな事まで思い悩む様子がリアルではあります。
晶子サイドの心情はかなり同調できるのではありますが(歳のせいか?)、ただ、対する児島サイドが・・・。
こんな奴、いないでしょ。
いて欲しくはあるけど。
やっぱりフィクションだ。

ちなみに私は児島よりも断然、秋山部長です。
・・・読めばわかります。
[PR]
by hiro-iti | 2009-05-06 22:23 |