ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

時間差喪失感

織姫と彦星が1年ぶり激アツな夜を過ごしていたであろう頃、ワタクシは元彼からこんなメールをいただきました。
「突然ですが、今度、結婚する事になりました。結婚式に出席できますか?」と。

はっ?
ふーん・・・・。
・・・・えぇぇぇぇー!!


以上、そのメールを見た時の心境です。

それでも、それは予期していた事ではあったので、一瞬だけ胸がズキリと痛んだものの意外と冷静に「おめでとう」のメールを即座に返信したのでした。その日は。

彼とは最初は友人として付き合っていました。(ワタクシは下心ありでした)
彼がノンケだったの分かってはいました。だって彼の家にある(隠してある)18禁本を見ちゃったりして、エロ傾向まで把握してましたからワタクシ。(ちなみにロリ系が好みのようでした・・・・。)
当時、いろいろと理由をつけて彼の家に押しかけていたワタクシ。(下心あり)
ある日、何の間違いか、誰の策略か一線を越えることに・・・。
ワタクシにとっては超ラッキー、彼にとっては若気の至りってところでしょうか。
その後、2年ぐらい半同棲のような状態が続いたのではあります。
その時期はワタクシにとっては幸せではあったんですが、「何か悪い事したかなぁ」なんて事も感じてたりして。
だって彼は付き合っている時もバリバリノンケだったし・・・・、それはいっしょにいる間に増えていくエロ本&エロビデオ(そして、やはりロリ・・・)に如実に表れていたから(笑)。

「そのうちスッパリと別れなきゃ」と思いつつもダラダラと続けてしまった2年間だったのですが、お互い仕事で遠くに離れる事になり、「コレを機会に別れよう」と思ったワタクシ。
でも、その方法がまずかった。
ハッキリと「コレきりにしましょう」とは言わずに、自然消滅を狙ったんですよね・・・。
でも、それでは完全には関係は切れなかったのです。
彼はワタクシの事を親友として認識転換をしたようで、連絡をくれるのです。
嫌いで別れたかったわけでもないワタクシは、それに甘える。
彼が「遊びに来れば?」と言えば、いそいそと伺ってしまうという悪循環。
遠くに離れたのに、1ヶ月に1度は会いに行くという体たらく。
その期間、驚きの3年間。

その後、彼に彼女ができたり、こっちはこっちでよろしくやったりしたりして疎遠になった期間もあるものの、定期的に連絡は取り、彼は友人として、ワタクシは微妙な感覚で付き合い続けることになり・・・。
そのうち、「スッパリ別れるのは彼が結婚する時にしよう」と目標値が下がっている始末。

ここ数年は彼と会うときは本当に友人として会っていたし、いつ彼が「結婚する事に」と言ったとしても大丈夫な心構えはできてたつもりではいた。
だから、いざ「結婚します」のメールが来ても、驚きはしたものの即「おめでとう」のメールを返す余裕はあった。
七夕の次の日も「あぁ、結婚しちゃうんだな~」なんて思いつつも、普通に過ごしてた。
「結構、平気なもんだなぁ~」なんて事も思ったりもしたのに・・・。

結局、強がってました。
「おめでとう」を電話で直接告げずに、メールで済ましてしまったのは全然「おめでたく」は思っていないから。
ものすごい喪失感でいっぱいです。
一昨日は気がつくと彼との事を思い返し、昨日は「どうやって結婚を邪魔してやろうか」「結婚相手に今まであったことを洗いざらいぶちまけてやろうか」とあらぬ妄想を抱く始末。

歳とってからの筋肉痛(運動してから2、3日後に身体が痛くなるというアレ)のように始まったこの喪失感。
今日になって大分落ち着いてきた様子ではあるものの、まだ動かすとちょっと痛い。
[PR]
by hiro-iti | 2009-07-11 23:53 | 日常