ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

世にも美しい数学入門

著者:藤原正彦/小川洋子

『博士の愛した数式』の執筆のための取材で知り合った数学者『藤原正彦』と作家『小川洋子』の数学に関する対談集。

書店で「博士の愛した数式」の隣に平積みになっていたこの本。(商売上手だな~)
思わず手にとってしまいました。

小説よりももう少し突っ込んだ数学の話が書かれています。
特に印象的だったのが、

「神様は不思議で、素数をあれほどアトランダムに不規則に散らしておきながら、ちゃんと秩序を隠している。」
「いろいろの級数の和にπ(パイ)が出てきちゃう。神様の悪戯のように。」


といったように「数学の公式は「神様の手帖」に記載されており、人間はその公式をすこしずつ解いているに過ぎない」、「神様は自然のあらゆるものにきちんとした秩序を作っている」と表現しているんですね。
数学と神様を結びつけるなんて、なんだか目からウロコでした。

「博士の愛した数式」を読んで少し数学に興味を持った人は是非読んでみてください。

世にも美しい数学入門
藤原 正彦 小川 洋子 / 筑摩書房
ISBN : 4480687114
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-06 03:16 |