ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

手作りとは?

月に2、3回ぐらいの頻度で行くお弁当屋さんがある。
一番のお気に入りメニューは「手作りメンチカツ弁当」だ。
2回に1回はコレを購入する。
大きめのメンチカツは表はサクサク、中は肉汁でとってもジューシー、おまけに2個も入っていてボリューム的にもOK。

そして何よりも「手作り」。
「限定○個」とか「季節限定」に勝るとも劣らないキャッチフレーズだ。
しかも、メニューの中には「ハンバーグ弁当」や「コロッケ弁当」や「焼肉弁当」など、他にも「手作り」と名乗っていいようなメニューが色々あるのに、なぜだか「手作り」という名前がついているのは「メンチカツ弁当」だけなのだ。

それが今日、そのお弁当屋さんに行ったときのこと。

メニューを見てもどこにも「手作りメンチカツ弁当」の文字が見当たらない。
「人気がなくてやめたのか?」とガックリしつつ、とりあえず「メンチカツは・・・?」と店員さんに聞いたら、「メンチカツ弁当ひとつですね?」とあっさり切り返してきた。
もう一度じっくりメニューを見てみると、「メンチカツ弁当」の文字が端の方にひっそりと書かれているのを発見する。
最初にメニューを見たときに気づかなかったわけは「手作り」の文字が消えていたからだったのだ。

なぜ「手作り」の文字をとってしまったのだろう。
海原雄山のようなグルメな客が「こんなのは手作りじゃない!!」と店に怒鳴り込んできたのだろうか?
「手作り」ではなくなった「メンチカツ弁当」は今までと変わらず、普通においしかったのですが。
でも、ちょっと解せない。
[PR]
by hiro-iti | 2006-05-23 00:19 | 日常