ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天使の代理人

著者:山田宗樹

平成3年、生命を誕生させるはずの分娩室で行われた後期妊娠中絶。
数百にのぼる胎児の命を奪ってきた助産婦・桐山冬子がその時見たものは、無造作に放置された赤ん坊の目に映る醜い己の顔だった。
罪の償いのため生きていくことを決意する冬子。その日から決して声高に語られることのない、生を守る挑戦が始まった。
平成15年。冬子は助産婦をしながら“天使の代理人”という組織を運営していた。
社会的地位を獲得することを目標に生きてきたものの、突然銀行でのキャリアを捨て精子バンクを利用して出産を決意した川口弥生、36歳。
待望の妊娠が分かった直後、人違いで中絶させられた佐藤有希恵、26歳。
何も望まぬ妊娠のため中絶を考えたものの産み育てることを選んだ佐藤雪絵、20歳。
それぞれの人生と“天使の代理人”が交錯し、ひとつの奇蹟が起ころうとしていた―。


『中絶』というかなり重苦しいテーマでありながらも、それを感じさせずに一気に最後まで読ませてしまうストーリー運び。
あっという間に読み終わってしまった。
そもそも妊娠したりなんて事はできないし(男だし)、妊娠させたりなんて事もできない(相手も男だし)自分にとってもなんだか色々と考えさせられてしまう本であった。
特に作中で、あるインターネットの掲示板での「中絶の是非」についての議論は凄まじい。
どちらも正しくもあり、どちらも間違っているような、何ともいえない感覚を味わった。

天使の代理人〈上〉
山田 宗樹 / 幻冬舎
ISBN : 4344407792




天使の代理人〈下〉
山田 宗樹 / 幻冬舎
ISBN : 4344407806
[PR]
by hiro-iti | 2006-06-24 22:59 |