ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地下鉄(メトロ)に乗って

著者:浅田次郎

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。
ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。
だが封印された“過去”に行ったため…。


よくあるタイムスリップもの。
横暴な父親に耐えきれず家を出た息子。断絶したまま年月は過ぎ、ある日、父親が危篤だとの知らせを受け心が揺らぐ。そしてひょんな事から過去へタイムスリップし、父親の若い姿を見て、今まで彼がどのように生きてきたを知ることにより・・・みたいな話。
ありふれている設定だし、他にも似たような話は結構ありそう。
でも、やっぱり浅田次郎はひと味違う。
地下鉄をとても効果的な小道具として使い、終戦後の雑多な町並みをリアルに表現し、その中で登場人物たちがいきいきと動いている。
書かれている時代には、もちろん自分はまだ生まれてないですけれど、終始感じられる自分でもよくわからない”懐かしさ”がとても心地よい。
ただ、結末には納得できません。
まぁ、これは個人の好みの問題なのですが。

余談ですが、地下鉄の窓っていらないんじゃないかと思うのです。
窓の外を見ても真っ暗なだけだし。
窓の部分にも広告を貼ったりして、もうちょっとスペースの有効利用をした方が良いんじゃないかななんて。
窓部分に海外の風景を写しだしたりして、バーチャル「世界の車窓から」みたいな事をしてくれたら外国の列車に乗っているみたいで楽しいかも。
まぁ、そもそも地下鉄には年1、2回しか乗らないんですけどね、自分。

地下鉄(メトロ)に乗って
浅田 次郎 / 講談社
ISBN : 4062645971
[PR]
by hiro-iti | 2006-06-26 21:30 |