ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冷し中華

グルメな方々には激怒されるでしょうが(それよりも相手にされません)、自分は「冷し中華」のおいしさの違いってよくわかりません。
自分にとって「冷し中華」の味とはすっぱい(酢醤油)かあまい(ごまだれ)かだけです。
どのお店も具の違いはあれども最終的にはこのふたつの味に分かれると思うんです。(かなり独断です)
ラーメンなら「とんこつ」「しょうゆ」「味噌」「塩」おまけに「しょうゆとんこつ」なんて合わせ技もあったりするじゃないですか。
だしのとり方でも鶏がらだったり、和風に煮干だったり、いろいろ野菜をいれてみたりで随分味か変わってくるじゃないですか。

でも冷し中華は、、、、。

そもそも冷たい食べ物って微妙な味の違いってわかりにくいって思うんです。
アイスクリームは冷たいからこそ食べるときにある程度味覚が麻痺しておいしく感じられるものでしょ。
溶けたアイスはものすごく甘くて食べられないと思うんです。(それとこれとは話が違います)

結局何が言いたかったのかというと今日の晩御飯は「冷し中華」でした。
おいしかったです。
食べたのはすっぱいほうです。
[PR]
by hiro-iti | 2005-08-06 20:46 | 日常