ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コンタクト・ゾーン

著者:篠田 節子

ノンキャリ公務員の真央子、買い物依存症の祝子、不倫の恋に悩むOLありさの三人組は、バカンス先のバヤン・リゾートで、テオマバル国の内乱に巻き込まれる。
ゲリラの手に落ちた島で、虐殺を逃げ延び、彼女たちは生き残れるのか…?


読み始める前は、『女性版ランボー』みたいな話なのかと思ってました。
海外旅行で内乱に巻き込まれた主人公たちが、自らの勇気と知識を駆使し生き延びていく・・・みたいな。

実際の話はそんな生易しいものではなく、主人公たちは、ただただ、内乱に巻き込まれた村で生きるか死ぬかの生活を強いられる。
日本で得た知識や経験はおおよそ役にたつことはなく、自分のみならず他人までも危険にさらす破目に陥る。
あくまでも小説なので、たまに「ちょっと都合がよくないか?」と思う事はあるものの、現実にこんな騒動に巻き込まれた日本人は、同じような行動をとるのではないのでしょうか。
でも、やっぱり英語はある程度しゃべれるようになってないと生き残れない・・・・のか?


コンタクト・ゾーン〈上〉
篠田 節子 / / 文藝春秋
ISBN : 4167605074




コンタクト・ゾーン〈下〉
篠田 節子 / / 文藝春秋
ISBN : 4167605082
[PR]
by hiro-iti | 2007-01-07 00:00 |