ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

思い出は突然に

前回の更新から半年以上も経ってしまいました。
最後の記事が「パチンコにはまった」とかいうものだったので、「パチンコ依存症にでもなって、借金まみれで首が回らなくなっているのでは」とお思いの方もいらっしゃるかも(多分いない)しれませんが、そんな事はありません。

ただ、身を潜めていた(?)期間に変化はありました。
転職と引越しが、その中でも大きいものでしょうか。
転職に関しては、もう36歳なので「かなり難しいんじゃないか」と心配はしていたものの、幸運にも、それほど苦労せずに次の職場が決まりました。

転職するにあたって引越しもしまして、現在は東京都民です。
しかも男と二人暮らし・・・・・・・・・、まぁ父親と二人で実家暮しなんですけど。

実は母が今年初めに急逝しまして、実家に父親一人になっちゃったんですね。
ウチの父親は仕事一筋の人だったので(団塊の世代特有?)、家事全般は母親にまかせっきりで、ご飯もろくに炊けない有様。
そんな父を一人にしとくのは、あまりにも危険すぎる、ということで自分が一緒に住む事になりました。
まぁ、ちょうど転職を考えていた時期だったし、実家なら家賃要らないし・・・なんて考えもあったりしましたが。

ただ、自分と父親は昔から折り合いが悪い。
自分の話(自慢話が多い)しかしないような人なので、話を聞かされるたびにこちらはイライラさせられて衝突する事も数知れず。
もともとは、父親と一緒に住む事が耐え難くて、わざわざ実家から遠い場所に就職し、「一生、家には戻らない」と考えて家を出たのに、この歳になって実家に戻り、しかも、父親と二人暮らしをする事になるとは人生わからないものです。

ただ、自分は「話を受け流す」法を取得できてきたし、父親も不肖の息子であっても家に誰かがいることが安心できるようで、なんとか衝突せずに生活できるようにはなりました。
歳とって人間が丸くなるってこういうことなのか。
それでも、ニュース番組で「同居の息子(独身)が実父を殺害」的なニュース(最近この手が多いような気がする)が流れると、部屋に何ともいえない空気が漂うのはいたしかたないのでしょうか。
事件沙汰にはならないように気をつけたいものです(当たり前だ)。

今の生活に慣れてきた頃に、ふと、このブログの事を思い出しまして(正直忘れてました・・・汗)、こんな状態なのもなんなので「いっそ削除しちゃおうかな」とも思ったんですが、「自分の日記」的な意味合いが強いこのブログ。
削除しちゃうのもなんだかもったいなくって「細々ながらも続けて行こうかな」と思い直しました。
「日記ならブログじゃなくって日記帳に書けよ」ってな感じでもあるのですが、まぁ、ソレはソレ、アレはアレ、コレはコレ。

過去に何度も「復活しました」と言っておきながら、数回更新して失踪を繰り返した前科があるので、今回もどうなるのかは正直、自信はないですが、今後もこのブログを続けて行きたいと思います・・・行けたらいいなぁ(すでに及び腰)。
[PR]
by hiro-iti | 2008-11-28 01:07 | 日常