ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年の事

今年最後の更新です。
なので1年間に何があったかな~、なんて振り返ってみたんですけど

特になし。

ほんとに悲しいくらいに何にもなかった1年間でしたが、強いて上げればこのブログを立ち上げた事が今年一番の出来事でしょうか。
単なる思い付きというか、なんとなく始めたこのブログが、これほどまでに続くとは自分でもビックリです。(いや、まだ5ヶ月ですが)
何事も飽きっぽい自分。
「1ヶ月も続けばいいほうだ」と思ってたんですけどね。
ちなみにブログのタイトルの「きょうのこと」の意味は「今日あった事を書けばいいんだから「きょうのこと」でいいや」と何も考えもせずにつけました。
こんなことだったらもうちょっとおしゃれ~ なタイトルにしとけばよかった。(思いつかんけど)

それにしても「文章を書く」って本当に難しいですね。
自分の過去の記事をざっと読み直してみたのですが、正直すべて書き直したくなりました。
どの文章も拙いうえに、ひとりよがり。
もうちょっと読む人を意識した上手い文章を書きたいものです。

いつもこのブログを読んでくださっている心の広い方々、来年も細々と「きょうのこと」を続けていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-31 03:21 | 日常

模倣犯

著者:宮部みゆき

公園で女性の右腕とハンドバックが発見された。
ハンドバックの持ち主が3ヶ月前に失踪した女性のものと判明し、右腕もその女性のものかと思われたが、「犯人」と名乗る男がテレビ局にハンドバックの所有者と右腕は別人のものだと告げる。
それを発端に明らかになっていく連続誘拐殺人事件。
狡猾な「犯人」は被害者の家族のみならず、警察、報道を手玉にとり日本中を騒然とさせるが、意外な形で事件は一旦、終結する。
だが、誰もが予期せぬ形で犯人は世間に再び姿を現し・・・。



事件の被害者、被害者の家族、ルポライター、警察、そして犯人、他にも様々な登場人物の描写がきっちり(どっさり?)書かれており、それぞれの立場や考えがすんなりと入ってくる感じ。
「犯人」の行動でさえ、賛成はもちろん出来ないけれども、不思議な共感を得てしまうほど。
それほど人物描写に優れた作品だと思います。
かなりボリュームのある本(文庫本で5冊。しかもそれぞれがすごく分厚いの)で、12月中旬からずっとこの本にかかりきりでした。
でもこのボリュームは全然、苦じゃなかったです。
読み終わったばっかりの今は感動と達成感がいっぱい。
宮部みゆきはやっぱりすごいなぁ。

模倣犯1
宮部 みゆき / 新潮社
ISBN : 4101369240
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-31 02:20 |

クリスマスプレゼント?

今日は日曜日だというのに、クリスマスだというのに仕事でした。
まぁ、独り身にはクリスマスなどという行事は関係ないという事ですか。

適当に仕事をして(←ちゃんと仕事しろ)家に帰って来たところ、玄関に何やら荷物が置いてあるではありませんか。

サンタさん!?

1年間イイ子にしていた自分に来てくれたの!!?


あぁ、一瞬マジにそう思いましたよ。
恥ずかしい。

荷物の中身は通販で購入したCDでした。
買ったの忘れてた。

ちなみに買ったのはコレ↓

Kim Possible
TV Original Soundtrack / Disney



最近、スカパーのディズニー・チャンネルを見られるようになりまして、ちょっとハマっているのです。
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-25 21:35 | 日常
友人から聞いた話です。

クリスマスも近くなったある日、友人の小学生になる子供がいつになく真面目な顔で言ったそうです。
「お母さん、サンタさんってどこに住んでるの?」
「・・・・・!?」

お母さんはしばし絶句。まだ信じてたんかい!?
それでも夢を壊すまいと子供に聞いてみたそうです。
「多分、寒いところよ(←すげー曖昧)。どうして知りたいの?」
「あのね、サンタさんに手紙を書いたんだけど、住所わからないからどこに出していいのかわかんないの。」


あぁ、可愛いなぁ子供。
こんな子供なら欲しいかも、と話を聞いたとき一瞬だけ思いました。
で、まだ話には続きがありまして、
「じゃあ、お母さんがサンタさんに手紙を出しておいてあげるわ」
と子供に言ったところ
「サンタさんの住所はインターネットで調べればわかるんだって。お母さん調べておいて」
だって。
・・・・インターネット!?
小学生にも確実にIT化が進んでいるんですね、コレにはおじさんビックリだ。


サンタクロースを信じている子供って世界にどれくらいいるのでしょうか?
思い返すと自分は、物心ついたときから「サンタはいない」と認識してました。
兄弟から「サンタなんかいねーんだよ」と言われてきたからなんですが。
クリスマスの朝に起きてみたら、枕もとにプレゼントが置かれていて
「サンタさんが来た~!!」
と1回ぐらいは飛び上がって喜んでみたかったもんだ。

まぁ、ともかく今日の夜にはその子供にサンタクロースが来る事を願っています。


クリスマス・イヴの今日、自分は何をしていたかというと大掃除
あぁ、疲れた。
とりあえずクリスマスらしいことをしとこうか、と思い立ちケーキは買って食べました。(コンビニの・・・。)
それと飽きもせずにラブ・アクチュアリーのDVDをもう一回見ました。(感動だ)
・・・もちろん一人っきりです。o(T^T)o うぅ~
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-24 22:17 | 日常

ラブ・アクチュアリー

若くして英国首相となったデヴィッドは首相秘書のナタリーが気になってしょうがない。
デヴィッドの妹のカレンは夫のハリーが浮気をしている気配を感じ、気が気でない。
カレンの友人ダニエルは再婚相手に先立たれ、妻の連れ子であるサムとの接し方に悩む。
サムは同級生の女の子に夢中だが、彼女は学園のアイドルであり、どうしていいのかわからない。
ハリーの部下のOLサラは長年思い続けている同僚のカールに告白するのに四苦八苦。
サラの友人マークは親友の花嫁ジュリエットが好きでしょうがないが、忘れようと努力する。
マークの友人のミステリー作家ジェイミーは言葉の通じない他国の女性オーレリアに想いをよせる。
落ちぶれたロックスター、ビリーはかつてのヒット曲にクリスマス用の歌詞を付けマネージャーのジョーとともに再起を願う。
有名スターの代役を務めるジョンは同じく代役女優のジュディをデートに誘う。

19人の男女が繰り広げる9通りの様々な愛の形。



クリスマスが近くなると見たくなる映画。
主要人物だけで19人(もしくはそれ以上)いる上に9つの話が同時に進行していきます。
最初見たときは何が何だかわからなかったのですが、2回目以降になると「あの人とあの人はこんな関係だったのか」と人物関係がわかってきて楽しめます。
見るたびに面白さがにじみ出てくるスルメのような映画ですね。(←他に気の利いた例えはないものか)

特に自分のお気に入りはジェイミー(コリン・ファース)とオーレリアのパートでしょうか。
コリン・ファースがものすごーく臭い告白をするのですが、何回見ても感動で泣きそうになっちゃうんですよね。なぜだ?
自分にもピュアな部分(死語?)が残っていたという事か。

ヒュー・グラントが英国首相役として出ていますが、こちらは何回見ても首相に見えないのですが・・・・。

ラブ・アクチュアリー
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B00079UDLA
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-19 23:17 | 映画

花より男子 全36巻

著者:神尾葉子

やっと全巻読み終わりました。
ちょうどドラマも最終回となりましたが、原作とドラマのどっちが感動したかと問われれば自分は
原作>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ドラマ
でしょうか。
だって何、あのドラマの最終回は!?
正直ガッカリ。 _| ̄|○ il||li

ドラマはともかくマンガは面白かったです。
久しぶりに少女マンガを読んだという感じ。
少女マンガなんだから当たり前といっちゃ当たり前なんですが。
とにかく展開がまさに少女マンガなんです。

1.主人公の牧野つくしとその相手、道明寺はくっつきそうでくっつかない。
2.すれ違いからつくしと道明寺、険悪な雰囲気に
2.その間、つくしにはとっかえひっかえ、いい男が言い寄ってくる。
3.心揺れるつくしだが、結局「私は道明寺が好き!!」。
4.道明寺と良い仲になりそうな雰囲気に
5.新たな事件勃発
6.↑2へ戻る
この繰り返し。

でも、なんだか面白いのです。
なんでだろ?
正直、あんなに自己チューの道明寺にはそんなに魅力があるとは・・・。
髪型が変だし。
ちなみに自分はF4の中では西門総二郎が好きです。
・・・・なんて言っている30歳(男)(←サバ読むな)は他にいないだろうな。

花より男子(だんご) (1)
神尾 葉子 / 集英社
ISBN : 4088480287
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-18 23:10 |

大人買い?

実はドラマの「花より男子」にハマってます。
台湾版のもちょくちょく見てました。
マンガはもっと面白いらしい、という話を聞いてはいたのですが、奴(?)は少女マンガ。
しかもマーガレットコミックスかよ。
読みたい、でも買うのは恥ずかしい。

そんな話を職場の仲の良い同僚(♀しかも子持ち)としていました。(それは恥ずかしくないのか?)
妙に盛り上がってしまって
「買っちゃう?」
「買っちゃえ!」
「でも全部で30巻以上あるらしいよ」
「・・・全巻揃えちゃう?」
「揃えちゃう?ボーナス出るし」
なんて事に。
・・・・共同購入で全巻予約してしまいました。
あぁ、ちょっと後悔。
でも、楽しみ。

そういえば、台湾版の牧野つくしは何か腹黒そうな顔してませんか?
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-09 01:16 | 日常

そして粛清の扉を

著者:黒武洋

卒業式を翌日に控えた高校で、女性教師が生徒達を人質にとり教室に立てこもる事件が発生した。
普段はまったく目立たず、生徒はおろか他の教師達にも無視されていたその女性教師は、「粛清」と称して生徒達を躊躇なく殺害していく。
どこで手に入れたのかナイフのみならず拳銃を用い、また、隠しカメラ、マスコミなども利用した用意周到な女性教師の立てこもりに警察もなすすべがなく・・・。


この前読んだ半魔と同じ作者のデビュー作。
思わぬ拾い物をした感じです。
あまりの面白さに一気に読んでしまいました。
しかも仕事中にも隠れて読む始末。(←仕事しろ)
コレは傑作です。
最後までハラハラしっぱなし。
でも(読んだ事のある人はわかると思うけど)殺されていく生徒達に、まったく同情できない自分がちょっと怖かったりもしました。

そして粛清の扉を
黒武 洋 / 新潮社
ISBN : 4101165610
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-09 00:52 |

雪かき=筋肉痛

実は私、「うつくしま・ふ○しま」(なぜ、伏字?)に住んでおります。
昨日から今日の朝にかけて、今シーズン初めての雪が降りました。
しかも、結構な量・・・。
毎年、今頃になると初雪が降るのはわかってはいたものの、あんまり積もる事はなかったので油断していたらやられました。
子供の頃は雪が降ると、それこそ犬のように喜び、庭を駆け回ったものですが、今は雪なんて邪魔くさい以外のなにものでもない。
スキーもスノボーもやらなくなった現在はなおさらです。

なにより嫌なのが「雪かき」。
寒いし、鼻水は出るし、手はかじかむし、腰は痛くなるし、腕がだるくなるし、何より次の日も雪が降ったりすると不毛だし・・・。
今回も面倒くさかったので溶けるまで放置しとこ、と思っていたのですがそうもいかず泣く泣く雪かきをやる羽目に。
なぜなら自分が住んでいるアパートの他の住民はまじめに雪かきをしたらしく、自分の車の周りだけ雪がこんもり積もっていたので・・・。
どうせなら、ついでに自分のとこも雪かきしてくれればいいのに、ケチ。

今、すごく腕がだるいです。
でも、オヤジなので筋肉痛は明日以降ですね。
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-04 22:42 | 日常

リセットボタン

著者:小野関賢一

外資系IT企業のシステム開発技術者であり、プロジェクトマネージャーを務めている宮本はその仕事の重圧からか、鬱病と不眠さらには幻視・幻覚に苛まれるようになった。
精神科を転々としていたが、症状はさらに悪化していく一方。
薬剤師である妻の勧めで新しい病院を訪れた宮本は、そこで精神科医の新藤に出会う。
少し型破りともいえる新藤の診察により、今までの精神科医とは違うものを感じた宮本は頼れる医師に出会えたことに安堵するが、新藤医師は宮本が「境界性人格障害」の疑いがあると告げ、入院での治療を勧めてくる。
仕事にも支障が出始め、家族にも「行動におかしなところがあった」と言われた宮本は、病気の完治を望み入院での治療に同意するのだが。


精神病に苦しむ中年男の話だと思っていたら大間違い。
「妻、会社、担当医の裏切り、家庭崩壊、しかしそこには巧妙な仕掛けがほどこされていた。エリートサラリーマンが嵌った人生の罠」
などとあらすじに書かれていた通り、これはミステリーです。

宮本はどんな罠に嵌ってしまったのか?
まさか、この前見たフォーガットンみたいな展開では!?(←それは勘弁を)
と思ってたら、全然違いました。(当たり前)
賛否両論が激しく分かれそうなオチですが、自分的にはアリでした。
かなり意外な結末です、多分。

リセットボタン
小野関 賢一 / 新風舎
ISBN : 4797498536
[PR]
by hiro-iti | 2005-12-03 23:57 |