ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

著者:荻原浩

「レインマンが出没して、女の子の足首を切っちゃうんだって。でもね、ミリエルをつけていると狙われないんだって。」
渋谷の女子高生を中心に広まった『レインマン』の噂。
実際は口コミを利用した、新発売の香水『ミリエル』を売るために企画会社「コムサイト」がでっちあげた話のひとつだった。
思惑通り『ミリエル』は順調に売上を伸ばすが、噂が現実のものとなったかのように足首が切断された女子高生の遺体が発見される。
噂を模した殺人犯の仕業なのか、それとも本当にレインマンは実在するのか?
警察の必死の捜査もむなしく、犠牲者が増えていく・・・。


「人の噂も七十五日」という諺がありますね。
間違えて「人の噂も四十九日」と覚えてはいませんか?
スミマセン、それは私です。
結構いい年になってから間違いに気づきました(苦笑)。

そんな事はともかく、なかなかに面白い本でした。
登場人物たちのキャラ設定が個性豊かで飽きさせない。
口コミによる販売戦略というのもなかなか興味深いです。
ただ「レインマン」の正体については「う~ん」といった感じでしたが。

最後の最後にかなり衝撃的な結末があり、特に最後の一行は驚愕です。
たったの一行のセリフなのに、それまでの謎が解明されてしまうという。
スゴイのひと言です。


荻原 浩 / 新潮社
ISBN : 4101230323
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-29 22:45 |

成分解析

眠れないのでダラダラとネットサーフィン(って最近言わないよね)をしていた所、おもしろいソフトを見つけました。
それがコレ『成分解析』。
自分を構成している要素が分かるというスグレモノ(?)。
ためしに『ひろいち』で分析してみた。

ひろいちの成分解析結果 :

ひろいちの54%は世の無常さで出来ています。
ひろいちの17%はツンデレで出来ています。
ひろいちの15%は愛で出来ています。
ひろいちの9%は時間で出来ています。
ひろいちの3%は嘘で出来ています。
ひろいちの2%は成功の鍵で出来ています。


あ~、半分以上は「世の無常さ」でできているらしい。
なんだか納得。
2番目に多い「ツンデレ」って何のこと?
と思って調べてみたら、「恋人関係になる前はツンツンとしているが、恋人同士になると急にしおらしくなってデレデレといちゃつく」状態だそうな。
激しく納得です。
自分はまさにコレ。

「あれ?でも本名じゃないしな~」と本名でもやってみた。

○○の成分解析結果 :

○○の82%は魔法で出来ています。
○○の17%は魂の炎で出来ています。
○○の1%は知識で出来ています。

だって。
どうやら自分は人間じゃないらしい。
魔女っ子キャラ?
「ロード・オブ・ザ・リング」でいうとガンダルフか・・・。
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-27 01:58 | 日常

花粉症

どうやら花粉症になってしまったみたいです自分。
ありえないほどの鼻水が出てきて止まらない。
今まで、花粉症の人に対して「大変そうだね」と上から目線で対応していた罰?
それとも花粉症の人を目の前にして「今日、暑いよねー」といいながら窓を開け放した罰?(だってそいつ嫌いだったんだもん)
ともかく鼻炎のクスリを飲んでも鼻水が全然止まらなくて、ティッシュで鼻栓をした上にマスクをして過ごしていました。
どこからあんなに鼻水が出てくるんだろう?
あんなに鼻水を出すくらい意味のない仕事をするくらいだったら、腹周りの脂肪を使って運動せずにダイエットしてくれるような有益な仕事をしてくれ、自分の体よ・・・。
あぁ、つらい・・・。
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-26 20:58 | 日常

イン・ザ・プール

著者:奥田英朗

伊良部総合病院の神経科医師、伊良部一郎は型破りの医者だ。
おおよそやる気がなく、患者を「いらっしゃーい」と迎え、意味もなく注射を勧める注射フェチ。
名医なのか、それとも、とんでもないヤブ医者なのか?
そんな伊良部の元に「プール依存症」「陰茎硬直症」「被害妄想癖」などの一風変わった患者達が訪れる。


この本は映画にもなったし、同じシリーズの直木賞受賞作「空中ブランコ」はドラマにもなりましたね。
どっちも見てないのですが、見ときゃよかった。

この伊良部という医者は本当に何もせず、患者に対してアドバイス(?)的な事をポロっと言うだけ。
それで結局、心の病を患者自身が解決してしまう。
遊んでいるようにしか見えない伊良部を見て「こんな変な奴より自分の方がずっとマシだ」と患者に思わせてしまう所が面白い。
それにしても意味もなくする注射の中身は何だろう?
ビタミン剤でしょうか?
ちょっと気になる。

「ストレスの原因を探るとか、それを排除する工夫を練るとか、そういうの、ぼくやんないから」
「ストレスなんてのは、人生についてまわるものであって、元来あるものをなくそうなんてのはむだな努力なの。それより別のことに目を向けた方がいいわけ」

と作中で伊良部は言うのです。
う~ん、真理だ。

イン・ザ・プール
奥田 英朗 / 文藝春秋
ISBN : 416771101X
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-26 20:03 |

DSを手に入れた

念願のニンテンドーDS Liteを手に入れました。

思い返せば、正月に実家に帰った時の事。
姪が持っていたDSを「おじさんに貸して」と取り上げた挙句、暇があればずっとピコピコと遊んでおりました。
「おじさんがDS返してくれない~」と姪に泣かれた事もあったっけ・・・。
ごめんよ姪、大人げなくて。
とにかく「自分も買おう」と思ったものの、時すでに遅し。
どこの店も品切れだし、ネットで買おうにも予約すらできない。
「3月にLiteが出るからそれまで待ってよう」と言っていたら、そのLiteも「発売日に何千人並んだ」「2色が発売延期」「品薄のため入荷未定」などの超人気ぶり。
正直、行列に並んでまで購入する元気は既にないのですよ・・・。

「順調に流通するまでおとなしく待ってよう」といたって後ろ向きな決意をしていた所、昨日友人から電話がありました。
えらく浮かれた調子で電話をかけてきた友人。
電話に出たらいきなり
「あ、あった~」とのたまう。
でも、すぐにピンと来ました。
その友人もDSを欲しがっていて、毎週のようにおもちゃ屋に通っていたから。
どうやら、ちょうどLiteを入荷したところにその友人は居合わせた模様で、店にはかなりの個数があったそうな。

友人にもう一台買ってもらうようお願いし、たった今現物を手に入れたところです。
あぁ、こんなに早く手に入れられるとは思ってなかった。
あぁ、神様ありがとう。
あぁ、○○よ電話をくれて感謝。

・・・でもね、まだソフトをひとつも持ってないのよね。
とりあえず電源をつけたり消したり、タッチペンで画面をなぞったりしている自分です。
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-26 19:23 | 日常
今週から男女混合戦。
ファイナリストそれぞれにスタイリストがついた上、会場も広くなり観客の数も激増です。
今回の歌テーマは「スティービー・ワンダー」という事でしたが、あんまりスティービー・ワンダーの曲って知らないのよね・・・。

それはともかく、私的今回の見所はスタイリストがついた事でどれほどケビンがかっこよくなっているか?だったんだけど・・・・、何だアレ?
イメチェンをはかってくるものだとばっかり思ってたのに、全然変わってないし。
無意味に化粧が濃いし。
変な踊りだし。
今回ほどサイモンの批評がバッチリ的を射ていたと感じた事はない。
もう絶対今回でケビンは落ちると思っていたのに、なぜ残る?
アメリカ人にとってそんなに彼はツボなのか?
謎だ。
彼はどこまで勝ち進むのだろう?
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-22 23:24 | 海外ドラマ

ダ・ヴィンチ・コード

著者:ダン・ブラウン
訳:越前敏弥


ルーブル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。
死体はグランド・ギャラリーにダ・ヴィンチの最も有名な素描『ウィトルウィウス的人体図』を模した形で横たわっていた。
殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。
現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気づく・・・。


映画が公開されるという事で文庫版が発売になったので、やっと読むことができました。
ハードカバー版は一冊がかなり分厚い(しかも上下巻)イメージがあったのですが、文庫になってみるとそんなにボリュームがない。(上・中・下に分かれていますが)
コレって内容が一部カットとかされてるわけじゃないですよね?
ちょっと不思議。

実際に読むまで勘違いしていたんですけど、私、この本はダ・ヴィンチの絵画に関する謎を解いていく話だと思ってました。
・・・・違うんですね。
基本はミステリー。
それもかなり極上のミステリーだと思います。
ダ・ヴィンチ云々はあくまでの物語の小道具。
各章におしげもなく見せ場が用意されていて先が気になってしょうがない。
「この本のおかげで寝不足に・・・云々」という読者の声は嘘じゃありません。
だって徹夜して読んじゃったもの。
そのおかげで、今日は昼寝しちゃった・・・。
今日が祝日でよかった、よかった。

本の中に記載されている芸術作品や建築物などはすべて事実に基づいているとの事。
ダ・ヴィンチの絵に隠されている謎もある程度は正しい解釈なのでしょう。
読んでいると「ちょっと都合よすぎる見方じゃ・・・」と思わないでもないのですが。
事実はダ・ヴィンチ本人に聞いてみない事には分からないですけど、本の中に書かれている絵の解釈についてあの世のダ・ヴィンチが「俺の言いたい事がよく分かったな」とか「う~ん、その絵に関してはそんなに深読みしてもらっても困るんだよね~」なんて呟いている姿を想像してみると少し可笑しい。

映画化楽しみです。
カーチェイスなどのアクションシーン、絵画を目の前にしての謎解き、歴史的な建造物がふんだんに登場するなど映像化にはかなり向いている作品だなぁ、と思います。
本の巻頭にあるパリやロンドンの地図、ダ・ヴィンチの絵、建築物の写真を何度も見ながら読んでいましたし。
でも、トム・ハンクスはラングドン教授のイメージとは少し違うような・・・。

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥 / 角川書店
ISBN : 4042955037
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-21 23:39 |

神様からひと言

著者:荻原浩

大手の広告代理店から食品会社に転職した佐倉涼平は、転職早々トラブルを起こしリストラ対象者が集まる部署「お客様相談室」へ左遷されてしまった。
「お客様相談室」は商品に対するクレーム対応が主な仕事であり、その過酷な業務ゆえにほとんどの者がストレスによって体を壊し退職していくと恐れられていのだ。
涼平はその過酷な部署の中で「クレーム処理の達人」と呼ばれる篠崎を味方につけ何とか業務をこなしていくのだが、様々なクレーム処理をしていく内に会社の腐敗した姿を目の当たりにしてしまう。


かなり面白かったです。
自分が同じ状況に置かれたらおそらく1日ともたずに会社を辞めてしまうでしょうが、ユーモア溢れる文章、しぶしぶながらも自分の立場を受け入れて奮闘していく主人公、主人公を助ける個性的な脇役達の姿をみて、なんとなくもう少しがんばっちゃいましょうと思ってしまいます。

仕事でたまにクレームの電話を受ける事があるのですが、アレはかなりへこみますね。
最初は会社の代表としてという心構えで謝罪しているものの、「スミマセン、スミマセン」と頭を下げている内に自分自身がどうしようもないんじゃないかと思えてきてしまう。
その後しばらくは電話が鳴ると「ビクっ!」としちゃうんですよ、、、って小心者ね。

神様からひと言
荻原 浩 / 光文社
ISBN : 4334738427
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-21 12:54 |

東京タワー

著者:江國香織

高校の時からの親友、透と耕二はそれぞれ夫のいる年上の女性と付き合っている。
透の相手は母親の友人でもある輸入品のセレクトショップを経営する詩史。
透にとって、詩史と過ごす満ち足りた時間が生きる上でもっとも大切なものであり、これからもずっと一緒に生きていきたい女性は詩史だけだと思っている。
耕二の相手、喜美子はバイト先で知り合った主婦。
お互い肉体だけの関係だと割り切った付き合いであり、耕二には他に同年代の恋人がいる。
東京タワーが見守る街で、二組の対極的な恋人達が繰り広げる恋愛小説。


私好みではない、この小説。
友人から恋人の自慢話を長々と聞かされた後のような読後感。(つまりは、まったく興味のない話を本一冊分聞かされてしまったような感覚)
どの登場人物にも感情移入できない(←それは自分の問題では?)ので何の思いも湧き上がってこないのです。
そもそもオチがまったく見当たらないのがどうも・・・。

最近、本を貸し借りしている友人がこの本を貸してくれたんですけど、どんな感想を言えばいいのかしら。

東京タワー
江國 香織 / 新潮社
ISBN : 410133921X
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-20 01:30 |
16人から4人脱落し、TOP12が決定しました。
歌う人数が減ったので微妙に放送時間も減ってきた。
結果発表まで一日で見れるのはうれしいけれど、ファイナルになったらどうなるんだろう?
放送時間30分ぐらいになるのでしょうか?
・・・そんな事ないか。

女性陣はリサ、パリス、マンディーサ、キャサリンの4人が目立ってる。
中でもマンディーサは今のところ選曲に間違えがなく安定している印象。
体型のインパクトもすごいけど・・・。
でも、自分的に優勝して欲しいのはキャサリンかな。
一番可愛いと思うし、おまけに歌も当然のごとく上手い。
できればもう少し痩せてくれると最強のアイドルになるんではないかと。
リサとパリスは最初はインパクトあったけど、最近飽きてきた・・・。

男性陣はう~ん、微妙。
エースはカッコイイんだけれど、なんだか得体の知れない気持ち悪さを感じるのは自分だけ?
テイラーはなんだかうっとうしい・・・。
男性陣の中で一番年下のケビンは来週からスタイリストがついてからの変わりようが楽しみだけど、他のファイナリストに比べて歌唱力があんまりないようなイメージがある。
意外だったのはギディオンが落選しちゃった事。
あの17歳にはまったく見えない容姿とサイモンに「気持ち悪い」といわれた笑顔、歌唱力は申し分なく、かなりインパクトがあったんだけどなんで落ちちゃったかな~。
結果発表前に出てきた前シーズンの準優勝者パフォーマンスより、よっぽどよかったけどな。

来週からは男女混合戦。
視聴者投票で最下位だった者が落とされていくそうです。
メリッサかケビンあたりが危ない予感。
公式ページを見ればもう結果がわかるんだけど、楽しみはとっておかないと。
[PR]
by hiro-iti | 2006-03-15 23:42 | 海外ドラマ