ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

チョコレートコスモス

著者:恩田陸

舞台の上の、暗がりの向こう。
そこには何かが隠されている。
どこまで行けばいいのか?
どこまで行けるのか?

大学の演劇サークルに所属している梶山巽は、いつものように公園で演技のトレーニングをしていた所、ひとりの少女が真剣に自分達の演技を見ている事に気がついた。
その少女、佐々木飛鳥は巽が所属する演劇サークルに入りたいという。
演技をするのは初めてという飛鳥だったが、実際に演じさせてみると驚異的な身体能力と違う人物になりきるという天才的な演技で巽たちを驚かせる。
演劇サークルに入る事を許された飛鳥は初舞台でも驚くべき演技を披露し、その演技がある舞台演出家の目に留まる。
来年杮落としする、新国際劇場のオープニング作品として企画されている、女優二人による芝居のオーディションを受けてみるように勧められる飛鳥だったが、その芝居には芸能一家に育ったサラブレット女優・東響子も並々ならぬ関心を寄せていた。


最近の同作者の作品は、正直「う~ん」な感じのものが多かったのですがこの作品は結構楽しめた。

物語の設定は「ガラスの仮面」そのまんま。

マヤ=飛鳥=天性の演劇の才能を持つ
亜弓=響子=芸能一家に育ち、演技の才能は経験と努力によるもの

といった感じ。

オーディションのシーンもガラスの仮面におけるあの、手に汗握る演技合戦が活字になったものと考えて差し支えないと思う。
作者はよほどガラスの仮面を意識してこの作品を書いたのではないのかな、と思わせる箇所もちらほらと出てくる。
本当に色々なジャンルの作品を書く人だ。

ただ、正直な事を言ってしまうと本家を超えてはいない。
ガラスの仮面をノベライズしてみました、みたいな感覚が終始つきまとう。

「飛鳥はやっと演劇界の入り口に立ったばかり」みたいな終わり方だったので、もしこの続きが書かれることがあるのならば、本家とは違った方向での展開を期待したい、ってなんだかとてつもなく偉そうな事書いてるわ。

チョコレートコスモス
恩田 陸 / 毎日新聞社
ISBN : 462010700X
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-30 18:58 |

万引き天女

著者:ねじめ正一

門花民芸店・店主の門花靖雄は急増している万引きに頭を悩ませていた。
万引きされる品物はうちわや器などの小物から、石の道祖神や傘立などみさかいがない。
靖雄が万引き犯としてもっとも怪しいとにらんでいたのが、いつも帽子をかぶり、大きな紙袋を持参してくる、ある女性だった。
万引き行為の現場を押さえてやろうと、その女性が来店するたび目を光らせる靖雄だったが、いつしかその女性に対して恋心を抱いていく事になり・・・。


・・・やられた。
それがこの本を読んだ感想。
商店街に急増する万引き犯は誰なのか、帽子をかぶった怪しい女性の正体は何なのか、万引きのみならず門花民芸店の収益を盗む者は誰なのかなどなど、盛り上げるだけ、盛り上げといて明確な回答もなく物語りは終わってしまう。
この後は読者それぞれが想像してね、という事かもしれないのだけれど、想像するにもヒントが少なすぎてさっぱりわからない。
途中まで、それこそ最後の1ページまではのめり込んで読んでしまうほど面白い本であっただけに、この結末は猛烈な肩透かし。
缶入りのクッキーの詰め合わせを開けてみたら、ものすごい上げ底で大した量が入っていなかったみたいなショック。(わかりにくい例え)

万引き天女
ねじめ 正一 / 集英社
ISBN : 408746024X
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-30 18:02 |
著者:松岡圭祐

元航空自衛官にして女性初のF15パイロット、現在は臨床心理士となり、その動体視力と観察眼、心理学の知識を併せ持ち<千里眼>の異名をとるほどにすべてを見抜く、戦後最強のヒロインが最大級の謎に挑む。
耐震強度偽装をめぐる事件に仕掛けられた罠を看破したとき、美由紀は新たな陰謀の種を発見した。
そこにはかつて、日本を震撼させた天才女テロリスト友里佐知子の後継者、鬼芭阿諛子の壮絶な復讐が待っていた。


いつもながらに岬美由紀は超人的な活躍をする。
その様は女版「007」だ。
序盤に「日本沈没」というイキナリな展開に銃撃戦。
そういえば「007」シリーズも映画の最初は必ず派手なアクションシーンをもってくるよね。
おまけに今回はまるでボンドカーのような車まで登場してしまう。

「千里眼」シリーズもすでに12作目(文庫版)ともなれば、かなりマンネリ化しそうなもの。
展開にも無理がある感が否めない。
それでも毎回、読み始めると止める事ができない面白さがこのシリーズにはあるのです。

岬美由紀という人物は、銃撃戦になっても弾ひとつ当たらず(おまけに素手で立ち向かう)、銃火器の取扱いにたけ、必要とあらば戦闘機や戦車を操る(しかもジャンボ機までも操縦OK)ほどの高い戦闘能力をもちながらも、弱き者の立場に立って物事を考え、助けようとするやさしさを併せ持つ。
ちなみに音楽の才能もあったりしてバイオリンもプロ並みの腕前であったりもする。
普通の人間とはもはや思えないのだが、「自分の色恋沙汰には弱い」などの人間的な側面も垣間見せる事によって不思議と親近感がわいてくる絶妙な人物設定が開いた口が塞がらないほど(良い意味で)面白い。

「千里眼」シリーズのようなハリウッド的な娯楽小説はあんまり日本にはあまりないような気がする。
読んでいると、かなりのご都合主義が鼻につく事もあるけれど、この際この路線を突き進んで欲しいものです。
ただ、本の表紙に「釈由美子」の写真を使うのはやめて欲しかった。
なんでも彼女が「岬美由紀」のイメージ第一位に選ばれたそうで。
たしかに釈由美子が岬美由紀のイメージに確かにあっているかもしれないし、多くの人がそれに同意したのも分かる。
でも、表紙に彼女の写真を使う事はないんじゃない?
映画化になるわけでもないのに(そういう話が進んでいるかもしれないけど)、わざわざ小説の表紙にタレントを起用して「釈=岬美由紀」のイメージを押し付けるような事はして欲しくなかった。
やっと水野美紀が主演した、おそろしくつまらない映画「千里眼」のイメージから脱却してきた所なのに・・・。

千里眼背徳のシンデレラ (上)
松岡 圭祐 / 小学館
ISBN : 409408102X



千里眼背徳のシンデレラ (下)
松岡 圭祐 / 小学館
ISBN : 4094081038
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-29 22:39 |

Vフォー・ヴェンデッタ

独裁国家となった近未来のイギリス。
一般市民が外出禁止である時間に街に出たイヴィーは、自警団に襲われかけたのだが、そこにあらわれた『V』と名乗る仮面の男に間一髪救われる。
恐怖政治に抑圧された市民を解放するため『V』は手始めに中央刑事裁判所を爆破するのだが、『V』といっしょにいたイヴィーは警察に追われる事となる。
11月5日の“ガイ・フォークス・デー”に国会議事堂前に集結するようテレビの緊急放送で市民に呼びかける『V』。
1605年の同じ日、ガイ・フォークスはジェイムズ一世を君主とする圧政に反発し、政府の転覆をはかるため火薬を詰めた樽とともに、議事堂の地下道に潜伏しているところを捕まり死刑となってしまったのだが、その志を継ぐかのように『V』はその日に国会議事堂を爆破しようと企てていたのだ。
そして警察に追われるイヴィーは、計画の日まで『V』と行動を共にする羽目になるのだが・・・。


『マトリックス』のチームが再び組んだ新作。
という前情報しか知らなかったので(あとナタリー・ポートマンの坊主姿)、アクション満載の映画なのだと思っていました。
実際はアクションシーンはそれほど出ては来ない。
それでも『V』がナイフを駆使して戦うシーンはものすごくカッコイイ。
スローモーションで戦闘シーンが進んでいくのに、なぜだか『V』の動きはえらく早く、それは「敵」と「V」がまるで違う時間軸で戦っているよう、って上手く説明できなくてごめんなさい。
ともかく凄かったのよ。(←ボキャブラリーのない様が露呈しているコメント)

アクションシーンはむしろ添え物で映画で多くの時間が割かれているのは、臆病だったイヴィー(ナタリー・ポートマン)が自分とVの過去を知り、自由を得るため、革命に立ち上がるまでの過程。
坊主姿にまでなって演じたナタリーの演技はかなり見ごたえのあるものだと思う。
髪が長い頃と髪を切られて坊主になってしまった後ではナタリーの顔つきがまったく違うように感じる。
スター・ウォーズの時は正直あんまり記憶に残っていないナタリーではあったのですが、この映画では存在感をバッチリとアピールしていた。
仮面をかぶって無表情な『V』が脇にいたので、それが際立ったのかもしれないのですが。

マトリックス並みの派手さはないものの中々に楽しめる一本でした。

ただひとつ疑問が。
ヒューゴ・ウィービングは本当にあの仮面をかぶって演技をしていたのだろうか?
声だけの出演でも事足りたような気がしてならないのですが。
まったく顔は映らなかったしね。
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-29 20:32 | 映画
第2次世界大戦下のイギリス。
空襲を避けるため、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人兄弟はロンドンの郊外にある古い屋敷に疎開してきた。
ある日、末っ子のルーシーは屋敷にある衣装ダンスが雪の降り積もる『ナルニア国』に通じている事に気づく。
言葉を話す不思議な生き物ばかりが住むナルニア国。
ルーシーはそこでヤギと人の入り混じったフォーンのタムナスさんと友達になる。
タムナスさんの話によるとナルニアは「白い魔女」によってずっと冬のままにされているという。
屋敷に戻ったルーシーの話を信じない兄弟達だが、エドマンドも偶然ナルニア国へ入り込んでしまう。
そして白い魔女に出会ってしまったエドマンドは他の兄弟をナルニアに連れてくるようにそそのかされる。
白い魔女は「4人の人間が王座に座った時、白い魔女の時代は終わる」というナルニア国に語り継がれている予言が実現する前にナルニアに入り込んだ4人兄弟の命を葬り去ってしまおうとしていたのだ。


映画を観に行く前に岩波少年文庫の原作を読みました。(予習)
原作の方はよくできたファンタジーですね。
「子供向け」なのでかなり読みやすい上に、ライオンである王アスランやタムナスさん、ビーバー夫妻など個性豊かな登場人物が生き生きと書かれていてなかなかに楽しい。
最後には「兄弟仲良くね」みたいな教訓もしっかり含まれています。

そして映画。
上映時間が150分はちょっと長いんじゃないかと。
原作はそんなに長いお話ではないので、原作に忠実に映画化しても2時間以内におさまりそうなものなのに。
映像はそれなりに見所もあったのだけれど、「ロード・オブ・ザ・リング」と比べるとやっぱりね・・・。(比べちゃいけないのかな?)
それに、かなり唐突過ぎる展開について行くのが辛かった。
もし原作を読んでいかなかったら途中でついて行けなくなって寝ちゃってたかも。
あ、でもタムナスさんはかわいかった。(ちょっとタイプ)
映画を観ていて、タムナスさんの胸毛部分が「つけ毛」なのか「自毛」なのかという、かなりどうでもいい事がものすごく気になった自分。
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-27 01:13 | 映画

おいピータン!! 8巻

著者:伊藤理佐

話に必ず、何かしらの食べ物が絡むオムニバスショート漫画。
第29回講談社漫画賞受賞作品の第8巻。


この漫画の面白さは、日常生活の中で「あぁ、そういうことってあるよね」という不思議な親近感と「へぇ~、そんな見方もあるんだ」といった新鮮な感覚。
『そうめんはこおり水に入れるのか、それともくるくると一口サイズに巻くのか』
『どんどんデキていく寿司屋』
『しゃっくりの止め方』
『ちょっとさみしい事』など。
深く考えるとどうでもいいことばかりなんだけれど、読み終わった後はいつもの生活が一味違ったものに思えてしまう。
世の中って、ちょっと注意深く見ていると面白い事ばかりなのですね。

同じ作者の「ち○こ」だの「ま○こ」だの下ネタ満載の代表作「おるちゅばんエビちゅ」も面白いのですが、オススメはやっぱりこの「おいピータン」の方。
ちょっと気になった方は是非どうぞ。

おいピータン!! 8 (8)
伊藤 理佐 / 講談社
ISBN : 4063375927
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-16 23:14 |

プロデューサーズ

1959年のニューヨーク。落ちぶれた大物演劇プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオが訪れた。帳簿を調べたレオが、ショウがこけたほうがお金が儲かるという摩訶不思議な事実に気づいたことで、マックスのやる気が充満。レオを巻き込み、大金をせしめようと、初日=楽日を目指す史上最低のミュージカルのプロデュースが始まった! そしてまたとない史上最低の脚本「春の日のヒトラー」が見つかる。
(2006年公開/アメリカ)


自分「マシュー・ブロデリック」が大好きなんです。
それはいままで誰にも言った事のない秘密。(大した秘密ではない)
他のハリウッド・スターと呼ばれる人たちに比べて、明らかに「華がない人だなぁ」ということはわかります。
あのカッコイイというよりはむしろ「可愛い」顔立ち、体も変に鍛えていなくってむしろぽっちゃり。
要するにワタクシの好きなタイプど真ん中なのです、マシューは。(外専ではないのですけどね)
サラ・ジェシカ・パーカーなんかと結婚した時は泣きましたね。
マシューの相手は自分だと思っていたのに・・・(妄想)。
おそらくサラの尻にひかれまくってるんだろうなぁ。
目に浮かぶ・・・。

好きだ好きだと言っていながらも実際マシューが出演している映画はあんまり観たことはない。
「トーチソング・トリロジー」「グローリー」「恋におぼれて」ぐらいなものか。
正直彼の出ている映画って・・・・・・あんまり面白くない(小声)。
あ、アメリカ版「ゴジラ」にも出ていたっけ。
なので、今回の「プロデューサーズ」もDVDが出たら見てあげてもよくってよ(←何故か上からものを言う態度)ぐらいなものだったのです。
わざわざ映画館にこの映画を見に行ったのは、たまたま平日に休みが取れた、というそれだけの理由です。

平日の映画館はガラガラでした。
観た時間も午後3時という中途半端な時間だったこともあるでしょうが、観客は自分を含めて5人。
ちなみに人数構成は
カップル+カップル+自分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・寂しい。
でも映画館を独り占めしたような感覚で観れたのは嬉しくもある。
平日でこその映画の楽しみ方ですね。

映画にまったく関係のないことをいつものようにダラダラと書いてしまいましたが、ここからが本題。

「プロデューサーズ」はミュージカルの映画化ということですが、自分はあまりミュージカルというものに慣れ親しんでいません。
だからなのでしょうか、どうにもあのハイテンションな演技についていけない。

舞台であれば、演じている役者は観客のノリや反応をみて演技をしていくものだと思います。
観客と役者が相互に通じ合い、その結果素晴らしい舞台が出来上がる。
観客も舞台を進行する上で重要な要素だと思うのです。
でも、映画だとその相互作用がない。
観ている者などお構いなしで、舞台と同じような演技をされても浮いて見えてしまう。
歌と踊りは豪華で、見ていて楽しくはあったのですが。

あれ、なんだかものすごく偉そうなこと言ってる。
演技の事なんて「ガラスの仮面」で読んだ事ぐらいしか知らないくせに。

結局、何が言いたかったのかというと
観ていて辛かったのよ、あのハイテンションが。
見終ったときはグッタリ。
ミュージカル好きな人は是非、そうでない方は・・・う~ん。
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-11 23:44 | 映画
著者:上遠野浩平

生きている世界の何もかも許せない、底無しの怒りの塊。
その、世界に対する敵意が具現化した能力「ワン・ホット・ミニット」。
触れたものを焼き尽くすその能力をもった少女だが、ある一人の少年にだけは敵意とは違った感情を持っていた。
だが、あまりにも危険すぎる少女のその能力は、世界の秩序を司るシステム『統和機構』に危険分子『MPLS』と認定されてしまう。
機構から派遣された合成人間と少女の異能者同士の戦いが始まったとき、同じく少女を「世界の敵」とみなしたブギーポップが現れ・・・。


本当に説明に困る小説です。
だっていまだに『ブギーポップ』が結局何をしたいのかわからないし、『統和機構』も実の所、何をしている組織なのかさっぱり・・・。
それでも毎回新作が発売になる度、いそいそと本屋に出かけてしまうほど大好きなシリーズなのです。
一作目が発売になってからすでに8年ぐらいたっているのに、これほどまでに惹きつけられてしまうのはやはりスゴイ。
おそらくシリーズ通じての全ての謎を明かしたら「ふ~ん、そういうこと」と大した感銘を受けなさそうな予感があるのですが、その謎を小出しにし、時にはかえって分かりにくくしているストーリ展開と斜に構えた文体がツボにはまっているのでしょうか。

話がコレほどまでに広がりまくった今となっては、キチンとしたシリーズの完結編が書かれることはほぼありえない模様ですが、なんらかの結末をいつかは読みたいものです。
でもこの人の話って、ブギーシリーズ以外も話がどこかしら繋がっているのでますます無理そうだ・・・。

オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス
上遠野 浩平 / メディアワークス
ISBN : 4840233845
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-10 01:08 |

半落ち

著者:横山秀夫

W県警本部教養課次席、梶警部がアルツハイマー病に冒された妻を扼殺したと自首をしてきた。
急性白血病により若くして亡くなった息子の命日さえも忘れてしまった妻に懇願された形で殺してしまった梶。
嘱託殺人かと思われたその事件だが、梶が妻を殺害してから自首してくるまでに二日間の空白の時間があった。
その二日間に何をしていたのかを一切語らず、黙秘を続ける梶だったが・・・。

「自分好みの小説かどうか」ということは、最初の10~20ページを読めば大体わかります。
もちろんハズれることもありますが、当る確率は結構高い。
この本の最初の10ページまでを読んだ時「ああ、コレは来たぞ」と予感がしました。
予感は的中。かなりのめり込んで読みました。
「各種のミステリー年間ランキングで第1位を獲得」というのは納得です。

なんといっても構成が面白い。
妻を殺してしまった「梶」が主役でありながらも、実際に梶の謎の行動を探っていくのは取調べをする刑事だったり、事件を追う記者であったり、検事や弁護士であったりと周囲の脇役達。
それぞれが梶の行動に疑問をもち真実を探ろうとする内に梶の人間味溢れる人柄に惚れていく。
けれども梶自身が真実を語ろうとしない上に、「警察の不祥事」という事で事件を隠蔽する様々な圧力に屈していく姿にハラハラ。
なぜ梶は真実を語ろうとしないのか、梶は何を守ろうとしているのか?
最後にその答えが明かされた時、思わず涙しました。
(ちょっとあざといかな~、とチョッピリ思ったりもしましたが・・・。)

もともとは映画化になったときに友人が買った本を貸してもらったのですが、その友人は「なんだか読むキッカケを失っちゃって読んでない」との事。
「是非、読むべし」と言って本を返そう。

半落ち
横山 秀夫 / 講談社
ISBN : 4062114399
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-08 10:28 |

紫の領分

著者:藤沢周

横浜と仙台の予備校講師を掛け持ちする手代木雄二は、二つの土地でそれぞれに家庭を持つ。
演じているわけでもなく、満足しているわけでもなく、ただ日常が過ぎていた。「俺には五人子供がいる」と嘘を遺して、同僚が自殺するまでは。
彼から死の直前に送られたメールが、手代木の生活と精神を軋ませていく。


私的印象ですが、なんとも生々しいこの小説。
いきつけの地味な床屋のオヤジの半袖からのぞく黒々とした腋毛を見て生臭い色気を感じたとか、予備校の女生徒がつけている香水の匂いに心動かされ「俺はまだまだこの年の女もいけるのか」と感慨にふけってみるとか、普段はあまり化粧けのない女性のマニキュアやペディキュアを見て奇妙な欲望にかられるとか・・・。
普段は何とも思っていない相手がふとした時にみせる仕草や行動に、性的なものを感じてドキッとしてしまう。
こういう感覚はよくわかります。
つい最近も、それまではまったく眼中になかった人の顔をよくよくみたら髭が濃い事を発見し、妙な色気を感じてしまいドギマギしてしまった、なんて事がありました。
「あらら、この人の事好きなのかも」なんて一瞬思っちゃったりしたものの、さらによくよく顔を見て「やっぱりそんな事はない」と我に返りましたが。

生々しさ&妄想満載のこの本。(重ねて言いますが私的印象です)
今まではこの手のジャンルの本はまったく読んだ事がなかった。
新たなジャンルを開拓できた感じで嬉しくはあるものの、読み終わった後に心がわけもなくモヤモヤしてしまい、その状態を二日ほど引きずった。
精神的な二日酔いとでもいうのでしょうか。

紫の領分
藤沢 周 / 講談社
ISBN : 4062752174
[PR]
by hiro-iti | 2006-04-04 23:34 |