ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

スコア:



やっと観ました、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』。
『1』も『2』もそれなりに楽しませてもらったので、『3/ムービー』もすぐに観たかったのではあります。
が、さすがにコレを観に映画館に行く度胸も勇気も気力もなかった・・・、だって、ねぇ・・・。
正直、今回DVDをレンタルするのも多少の勇気が必要だったんですが。
まぁ、繊細なオジサン心だと思ってください。(そんなのはどうでもいい)

ストーリーは今まで同様、トロイとガブリエラのベタ甘ぶりを見せつけつつ、シャーペイがちょっかいを出し、ライアン達が多少の迷惑を被りつつ、合間に意味もなく歌い踊りまくるというもの(意味はあるか)。
話はあってないようなもの。
いいんです、ミュージカルだから(そうか?)
最終章という事と、『ムービー』という事で歌も踊りもセットも格段にレベルアップしてます。
ちょっと残念だったのは、登場人物も増えてシャーペイ&ライアンの出番が減っている事でしょうか。
この二人好きなのに。
二人で歌う『I Want It All 』なんて最高です。
5回も見ちゃった・・・。

果てしなくどうでもいい事ですが、私はザック君よりルーカス君の方が好きです。
[PR]
by hiro-iti | 2009-06-25 00:54 | 映画

オレンジの季節

鯨 統一郎 / 角川書店

スコア:



立花薫がプロポーズをした相手は上司の戎怜華。
怜華の返事はyesではあったものの、結婚するには条件があった。
それは薫が戎家に入り、専業主夫をしろというものだ。
悩みつつも結局、専業主夫となった薫。
保守的な義父を筆頭に、呆けかけている祖母や反発的な義弟など障害はあったものの、主夫としてのやりがいを感じ始めていた薫だったのだが・・・。


専業主夫としての生活。
悪戦苦闘しながらも、なんとか家事をこなしていく男の姿を描くファミリードラマ・・・・なんです(最初は)。
読み手のこちら側としてはそういうつもりで、もちろん読んでました。

義父から「戎家に入る気なら、まずは上手いものを作ってみろ!」とテストまがいなことをされたり、姉の結婚相手に嫉妬している気配の義弟からは疎んじられたり、反対に、義妹には「おにいちゃん(はぁと)」なんて懐かれてみたり、はたまた、売れない女優をしている義姉には「役をとるためよ!!」とよく意味のわからない理由で誘惑されてみたり・・・、「何コレ?」と思わず首を傾げたくなる展開。
おまけに、たいした家事の描写はないのに、「家事って大変だけど主夫もやりがいのある仕事だ!!」と言い切る薫。

「どうやって結末をむかえるつもりなんだろう・・・、家族笑って大団円ってのは勘弁してくれ」と思いつつページをめくっていたら、待ってました凄まじい結末が。
これは予測できません。
思わず「何じゃこりゃ~!!」と夜空に咆哮してしまう事うけあいです。(なぜ夜空?)
[PR]
by hiro-iti | 2009-06-14 18:08 |

聖女の救済

東野 圭吾 / 文藝春秋

スコア:



IT起業家・真柴義孝が毒殺された。
刑事の内海薫は、妻の綾音に不審な点がある事を感じ取るが彼女にはアリバイがある。
さらに、上司の草薙刑事が綾音に対して好意を持ち始めている様子。
内海の意見に対して、ことごとく反対意見をぶつけてくる草薙。
彼にはこの事件に対して冷静な判断を下せないのではないかとの危惧を感じた内海は、『ガリレオ』こと湯川に協力を申し出るのだが・・・。


ちょっと、時期をはずした感がありますがやっと読みました『探偵ガリレオ』シリーズの長編2作目。
だって図書館に予約をしたら半年以上も待たされたんだもん・・・・(←買え)

最初に『探偵ガリレオ』を読んだ時はドラマも映画もやってなかったので、自分で勝手に登場人物の姿を想像しながら読んだものだったけど、今はどうしても 福山=ガリレオ としか思えない。
今回は内海薫なる刑事(柴崎)も出てくるので尚更です。
ドラマは大して好きでもなかったのですが(でも、毎週見てた・・・)。

ミステリーはあんまり話の内容を書いちゃうといけないと思うのですが、犯人は綾音です。
・・・えぇ!?いきなりネタバレしてるし!!??
いや、本では最初からそういう前提で書かれてるので未読の方も大丈夫です。(多分)
本題は殺害のトリックの方ですから。

でも、綾音が義孝の殺害を決意してから、それにいたるまでの彼女の生活がグッとくるというか、怖いというか、辛抱強いなというか・・・あ、ちょっとネタバレだ。
元凶は義孝の「女は俺の子供を作るためだけにある」的な考えであり、もちろんそれ以外にも様々な事があったものの、こんなやり方で義孝を殺す綾音の行動は理解できないです。
ぶち切れて思わず殺っちゃった、って事ならわからないでもないんですが。
・・・・これ以上書くとさらにネタバレになってしまいそうなのでやめよう。

でもね、義孝みたいな男は、いざ子供ができても育児なんか絶対手伝わなさそうな気がする・・・。
[PR]
by hiro-iti | 2009-06-07 12:51 |