ほとんど読書感想、たまに日記、まれに映画感想。


by hiro-iti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おいピータン!! 11 (11) (ワイドKC キス)

伊藤 理佐 / 講談社

おんなの窓〈2〉

伊藤 理佐 / 文藝春秋

女のはしょり道

伊藤 理佐 / 講談社



3冊同時発売。
食に関連した、ちょっとした出来事を描いたオムニバスショート『おいピータン!!11巻』
週刊文春に掲載された、日常をひとコマで描くエッセイ漫画と、30代後半という『妙齢』女性の生活と考え『おんなの窓2』
キレイにはなりたいが努力するのは面倒くさい。なるべく手間をかけない美容法を実践するエッセイ漫画(でも、大抵失敗・・・)『女のはしょり道』


たしか去年もそうだった記憶があるのですが、違う出版社から「伊藤理佐単行本フェア」と銘打って単行本を3冊同時発売する伊藤理沙は結構、大物漫画家なのでしょうか。
一応、それぞれテーマの違ったエッセイ漫画(『おいピータン!!』はフィクション)ではありますが、3冊が一冊の本にまとまっていてもそれほど違和感はない。
エッセイ漫画で描かれていたネタが『おいピータン』の方でちゃっかり使われたりするし・・・。

ちょっと変わっているけど、変人とまでは行かない。
そんな絶妙な感覚がなんとも言えない。
年齢に関する自虐ネタは思わず納得です。(同年代だからかな)
[PR]
# by hiro-iti | 2008-12-15 22:36 |

狭くなった道

実家に戻って家の周りを散歩してみると、いろいろな事にびっくりさせられる。
一番びっくりしたのは小学生の時の通学路の狭さだ。
ランドセルしょって、遅刻ぎりぎりで毎日全速力で走っていた道が(あの頃から朝は苦手だった)、今になってプラプラ歩いてみるとなんと狭く感じられる事か。
「あぁ、大人になるってこういうことなのか」と妙な気分にとらわれる。
なんて、すでに充分大人などころか中年の域に差しかかってる訳ですけど。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-12-06 23:46 | 日常

『海の底』 有川浩

  • 海の底
  • 有川 浩 / メディアワークス

突如、横須賀を襲撃した巨大甲殻類の群れ。
その場に運悪く居合わせた子供達は、海上自衛官の夏木と冬原とともに横須賀港に停泊中の潜水艦「きりしお」へ逃げ込むが孤立してしまう。
パニックに陥る横須賀市内では機動隊が巨大甲殻類に応戦するものの、未知なる生物に対してなすすべがなく・・・。


よくある怪獣パニックものながらも主役は怪獣ではなく、理不尽な理由で孤立させられた子供達の方の成長物語といった所でしょうか。
とは言っても怪獣達もかなり陰惨な事をしでかしてくれるし(巨大なザリガニモドキがうじゃうじゃと集まって人間を喰らう)、対する機動隊もかなりドラマチックに奮闘してくれる。

今回の話は「自衛隊三部作」のうち海上自衛隊をテーマにしたものらしいのだが、主役級で活躍する自衛官、夏木と冬原は終始子供の保護者役。
ただ、子供達が聞き分けがないと容赦なく怒鳴りつける夏木と、クールにその場をおさめる(ただ、かなりパンチの効いた皮肉交じり)冬原のコンビは絶妙で面白い。

夏木たちとともに潜水艦に閉じ込められた子供達もそれぞれ複雑な事情を抱えていて、特にメインの望と翔の姉弟には泣かされた。(少しベタな感じはしましたが・・・。)
艦内でトラブルメーカー役となる圭介には終始イライラさせられっぱなしで(こういうキャラが一人はいないとお話が面白くならないんですが)、もし自分が作者だったら、こんなガキは、それはもう陰惨な形でザリガニモドキに襲わせてやる所だが、ソコは有川浩、これ以上はないというほどの爽やかなオチを彼にも用意していたのが素晴らしい。

夜、寝る前に読み始めたら、結局最後まで読まされるハメになってしまったこの本。(読み終わったの朝4時・・・。)
自分の"有川浩ブーム"はまだまだ続きそうです。

ちなみに、自衛官二人のその後の話は「クジラの彼」の方で読めます。
非常識な話(『海の底』)の後に日常の話(『クジラの彼』)を読むと、結構ほのぼのとした気分にひたれる事受け合いです。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-11-30 20:16 |

『小説以外』 恩田陸

  • 小説以外
  • 恩田 陸 / 新潮社

読書遍歴や、食べ物、音楽にまつわる話、他の作家への書籍にあてた解説などをまとめたエッセイ集。

好きな作家の読書遍歴や、好きだったテレビ、よく聞く音楽、好きな食べ物、どんな子供時代を過ごし、今はどんな生活をしているのかなどを知る事ができるのは嬉しい。
過去の作品がどんな影響を受けて書かれたのか、どんな思いがこもっていたのかをちょっぴり奥深い所を知る事ができるというか、知ったつもりになれるから。

ただ、自分は、日常の小さい事をほじくりかえすようなタイプのエッセイが好き。
つまりは「こんな面白い事がありました」と書かれたものに対して、「そんなの変だよ」とか「そういうのよくあるよね」とか「へーそんな見方もあるんだ」などと共感したり、憤ったりしたいのだ。

今回の本はそんな自分自身との共感ポイントがあまりなかったので、正直印象が薄い(つまらなかったわけではないです。)
[PR]
# by hiro-iti | 2008-11-29 12:47 |

『クジラの彼』 有川浩

  • クジラの彼
  • 有川 浩 / 角川書店

聡子が合コンで知り合った彼は海上自衛隊の潜水艦(クジラ)乗りだった。
航海中は一切の連絡が取れない彼との交際は、予想以上の困難と忍耐が必要になり・・・。
表題作他、全六編の短編集。


今一番お気に入りの作家、有川浩。
最初の出会いは有名な「図書館戦争シリーズ」(アニメは未見)。
そもそも「図書館」と「戦争」というよくわからない組み合わせに、ずーっと気にはなっていた。
本屋に行く度に「図書館戦争」の本を手にしつつも買うべきか買わないべきか迷っていた頃が懐かしい。(ほら、ハードカバーの本って大きいし、高いし、もし買って途方もなくつまらなかったらダメージが大きいじゃないですか)
結局、何かのきっかけで「戦争」を購入し読んだ所、あまりの面白さに寝食を忘れて読み耽った上に、次の日、開店と同時に本屋へ続きを買いに走るハメになった。
面白い本はいろいろとあるけれども、面白い上に「なんでもうちょっと早く手にとって読まなかったんだろう」と後悔すらしてしまう本はなかなか巡り会えないので、この時は純粋に嬉しかった。

有川浩という方は自衛隊に知り合いがいるのか、それとも本人がそうだったのか、それとも単にマニアなだけなのか、どの作品も自衛隊がらみの話が多い。
「図書館戦争」は自衛隊という組織を少し捻った形で作品にしたものだったし、「塩の街」(陸上自衛隊)、「空の中」(航空自衛隊)、「海の底」(海上自衛隊)という「自衛隊三部作」なるものも書いている。(塩と海は未読です)
今回の「クジラの彼」も、どの短編も自衛隊がらみの話であった。そしてかなりのベタ甘恋愛もの。

そもそも、自衛隊という組織は自分はあんまり詳しくないため、男ばっかりで毎日訓練に明け暮れている様をみると、どちらかというと下世話な方向への想像しか働かないのだが、作者が女性という事もあるのか、作品に登場する男達は「弱き者は無条件で守るぜ」的なタイプが多い(当然のように見た目も良い)。
しかも仲間内でシモネタ話などで決して盛り上がらずに「くだらねぇ話してんじゃねーよ」と言って話しに加わらないような奴だ。(現実世界だったら、多分そういう人が一番ムッツリです)
平たく言えば、筋肉系王子様タイプとも言うのだろうか。

まぁ、少女マンガ的な理想の男性像色が強いものの、それがとても良い。
普段は生真面目で不器用で、でも、いざという時は頼りになって、照れながらもヤル事はヤルみたいな。
正直に言うと、自分の好きな(理想の)タイプなんですな。
現実に作品に出てくるような男がいたら是非、お付き合いしたいものです。

あぁ、こんな事を書いていると、単に自分の好みの男が出てくるからこの作家が好きなんだろうと思われそう。
もちろんそれだけじゃありません、単純に面白いからです。
そして、どの話も爽やかな読後感に気持ちよく浸れる事請け合いです。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-11-28 21:42 |

思い出は突然に

前回の更新から半年以上も経ってしまいました。
最後の記事が「パチンコにはまった」とかいうものだったので、「パチンコ依存症にでもなって、借金まみれで首が回らなくなっているのでは」とお思いの方もいらっしゃるかも(多分いない)しれませんが、そんな事はありません。

ただ、身を潜めていた(?)期間に変化はありました。
転職と引越しが、その中でも大きいものでしょうか。
転職に関しては、もう36歳なので「かなり難しいんじゃないか」と心配はしていたものの、幸運にも、それほど苦労せずに次の職場が決まりました。

転職するにあたって引越しもしまして、現在は東京都民です。
しかも男と二人暮らし・・・・・・・・・、まぁ父親と二人で実家暮しなんですけど。

実は母が今年初めに急逝しまして、実家に父親一人になっちゃったんですね。
ウチの父親は仕事一筋の人だったので(団塊の世代特有?)、家事全般は母親にまかせっきりで、ご飯もろくに炊けない有様。
そんな父を一人にしとくのは、あまりにも危険すぎる、ということで自分が一緒に住む事になりました。
まぁ、ちょうど転職を考えていた時期だったし、実家なら家賃要らないし・・・なんて考えもあったりしましたが。

ただ、自分と父親は昔から折り合いが悪い。
自分の話(自慢話が多い)しかしないような人なので、話を聞かされるたびにこちらはイライラさせられて衝突する事も数知れず。
もともとは、父親と一緒に住む事が耐え難くて、わざわざ実家から遠い場所に就職し、「一生、家には戻らない」と考えて家を出たのに、この歳になって実家に戻り、しかも、父親と二人暮らしをする事になるとは人生わからないものです。

ただ、自分は「話を受け流す」法を取得できてきたし、父親も不肖の息子であっても家に誰かがいることが安心できるようで、なんとか衝突せずに生活できるようにはなりました。
歳とって人間が丸くなるってこういうことなのか。
それでも、ニュース番組で「同居の息子(独身)が実父を殺害」的なニュース(最近この手が多いような気がする)が流れると、部屋に何ともいえない空気が漂うのはいたしかたないのでしょうか。
事件沙汰にはならないように気をつけたいものです(当たり前だ)。

今の生活に慣れてきた頃に、ふと、このブログの事を思い出しまして(正直忘れてました・・・汗)、こんな状態なのもなんなので「いっそ削除しちゃおうかな」とも思ったんですが、「自分の日記」的な意味合いが強いこのブログ。
削除しちゃうのもなんだかもったいなくって「細々ながらも続けて行こうかな」と思い直しました。
「日記ならブログじゃなくって日記帳に書けよ」ってな感じでもあるのですが、まぁ、ソレはソレ、アレはアレ、コレはコレ。

過去に何度も「復活しました」と言っておきながら、数回更新して失踪を繰り返した前科があるので、今回もどうなるのかは正直、自信はないですが、今後もこのブログを続けて行きたいと思います・・・行けたらいいなぁ(すでに及び腰)。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-11-28 01:07 | 日常

薔薇は薔薇は♪

家の近くに、結構大きい1円パチンコ店がオープンしました。
早速行ってみたところ、自分がやった事がない機種がいっぱいあって、なかなかに楽しめそうです。
そこで、見つけたのが「CRベルサイユのばら」。
「へ~、ベルばらのパチンコなんてあったんだ」なんて思いつつ、試しに打ってみたらかなり早い段階で大当たりに。
高確率の機種だったので、結構な連チャンになってウハウハしていたものの、ふと、我にかえる。
ベルばらに一喜一憂している自分の姿は、他の人たちにはどう見えているんだろうか?
大当たり画面の「薔薇は薔薇は♪」ってやつを見ながらニヤニヤしている30男(独身)はかなり気持ち悪いものに違いない。
なんかそういう事を考えたら、無性に恥ずかしくなってすぐに止めたかったんだけど、そういう時に限って出玉は続く続く。
結局、6箱ぐらい出してからやっと一段落して、いそいそと帰ってきました。
少しお金が返ってきたのは嬉しいものだけど、やっぱり恥ずかしい。
ある意味、パチンコ屋でカミングアウトしてたようなもんだったのではなかろうか。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-03-31 23:02 | 日常
せっかくの休日だった日曜日は、散らかり放題の部屋の掃除(足の踏み場がない)と洗濯カゴからあふれ出ている服や下着の洗濯(1週間以上洗濯機を回してないのよ)をしなきゃいけなかったんだけど、なぜだか一番切羽つまってないCDの整理なんてものをしてました。
いや、まず掃除をする前にCDの棚でも整理しようかな、何て事を考えてしまったのです。

もともと、あまり熱心に音楽を聴くほうじゃないので、ほとんどCDとか買わないんですけど、塵も積もればなんとやらで所蔵しているCDは100枚ぐらいでしょうか。
その多くは外国産のアイドルさん達のもので、昔は外人のアイドル達が好きだったんですよね。(今も結構好きですけど)
私が若かりし頃、海の向こう側のアイドル達は、日本のアイドルみたいに顔だけ可愛けりゃ歌唱力なんて二の次よ、ってな感じではなく、どっちかというとまず歌唱力が第一で、顔はまあそれなりに整ってればいいでしょっていうスタンスがとってもカッコよく見えたのです。
まぁ、そんな事言ってながらも、日本のアイドルも大好きだったので(ナンノとかおニャン子とかね・・・)今から考えると、自分にとって一番とっつきやすい洋楽だったのでしょう。

私が高校生だった頃は(80年代・・・)PWLサウンドが全盛期の頃で、あれが洋楽ポップスを聞き始めるきっかけだったかも。(結構そういう感じの同年代の人たちは多いと思う)
今でも一線で活躍しているのはカイリーぐらいしかいませんが、あの頃は他にもリック・アストリー(声低)とかジェイソン・ドノバン(今は・・・)とかサマンサ・フォックス(乳でか)とかバナナラマ(個別の名前は結局知らずじまい)とか色々いましたよね。

カイリー・ミノーグがもちろん一番好きではあったのですが、その次に好きだったは実は彼女でした。
Sonia - You'll Never Stop Me Loving You
ちょっとアイドルというにはキツイのではないかと当時も思っていたが、今見てもやはりキツイ。
でも、歌はうまいと思うのです。
少し前にテレビのリアリティーショーで復活したらしい、みたいな記事を読んだ覚えがあるけれど、どうなったのでしょう?

ちなみにこの人たちも中々によかったのですが・・・。
Big Fun - Blame It On The Boogie
彼らはどの曲も妙なファルセットで歌っておりました。
彼らの行方は存じ上げません。
どうしているんだろう・・・?

当時一番好きだった歌はこれでしょうか。
Together Forever ( Rick Astley ) 1987
何回もリピートで聞いたな、この曲。
確か、歌詞も必死こいて覚えて歌ってました。
ちょっと恥ずかしい過去です。
彼は去年あたりにニューアルバムを出したりしてがんばっている様子ですが、どうなんでしょう?

リック・アストリーはアメリカでもヒットしていたので、当時も頻繁にPVを見る機会があったんですけど、SoniaやBig Funの動いている姿はほとんど見たことがなかった。
20年以上も経って、ネットで動いている彼らを見る事ができるなんて何だか妙な感じです。
ただ、そんな感じで色々と昔のPVを検索しまくって、見まくって、結局、掃除もなにもできなかった一日ではありました。
CDの整理なんかするんじゃなかった。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-03-31 01:05 | 音楽

親の考え、子の思い

時が経つのは早いもので、前回の投稿から半月以上もあいてしまいました。
しかも、前回は「死んだらどうしよう」などと、およそバレンタインデーにふさわしくない内容で(寂しい私生活がダダ漏れしておりましたね)、「もしや、ひろいち逝ってしまったか?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、私は無駄に元気です。
こんなに間があいてしまったのは単に忙しかったのと、特に書く事もなかっただけなのでした。
すみません。

話は唐突にかわり、
長く独り暮らしをしていた私ですが、この度、実家に戻る事になりました(もうちょっと先の事ですが)。
実家には今、父親しか住んでいないので、私が戻ると父子の二人暮らしになります。
家賃の心配をしなくてもよくなるのは大変、ありがたい話ではあるものの(もちろん家には毎月幾らかは入れますけど)、父親とはあまり仲がよろしくない私。

それというのも、ウチの父はかなりの曲者なのです。

世間とはかなりズレた世界観を持っている父の、はた迷惑なエピソードは数え切れない程あるのですが、何より我慢ならないのが自分の意見を人に押し付け(そして、その意見はほぼ間違っている)、反論しようものなら怒り狂うという身勝手さだ。

最近、父とケンカになったのは、補聴器を作りに耳鼻科につれて行った時のこと。
父もかなりの歳なので耳が遠くなり、周囲の人間は大声を張り上げて話しかけないと通じない事が多々あったので、補聴器をつくらせようとしたのです。

そもそも病院嫌いの父を耳鼻科に連れて行くのが、まず一苦労で「あそこの耳鼻科はヤブ医者だから駄目だ」とその病院に行ったこともないくせにのたまうので、そこでまず第一ラウンド。

やっとの事で耳鼻科へ連れて行ったものの今度は「ちゃんとした検査をしないのに難聴だと決め付けた」とイチャモンをつけ始めたので、第二ラウンド。
ちなみにそこの耳鼻科ではちゃんと聴力検査をしてくれましたし、そもそも父は医療にはズブの素人です。

その次は「補聴器は高すぎる」とお金をいっぱい持っているくせに言い始めたので、第三ラウンド。

なんとかかんとか、やっと補聴器をつけさせたら「頭が痛くなるから、いつもは(補聴器)付けなくていいな」とせっかく買ったのにそんな事を言い出すので、最終ラウンド。

ここら辺で、いいかげんにこちらも相手にするのに疲れてきたので放っておいたら、今度は「耳が良くなる」というサプリを買ってきて「これを飲んだら耳が聞こえるようになった」と服用して1日目に言っておりました。
「飲んですぐに効くわけあるかー!」と言いたかったものの、本人があまりにも満足げな顔をしていたので、その言葉は飲み込み、代わりに「じゃあ毎日飲んだらものすごく耳が聞こえるようになるかもね」と心のまったくこもっていない言葉をかける私。
でも、そのサプリは一日あたり300円もするのだ。
そんなサプリを毎日飲むんだったら、補聴器を何個買える事やら。
私の金じゃないので、まぁいいんですけど。

こんなんで一緒に暮らしたらストレス溜まるだろうな、と思うので、今は父の話を受け流す技を日夜訓練中です。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-03-06 00:58 | 日常
風邪を引いてしまって、今日まで寝込んでおりました。
先週末から「う~ん、ちょっとノドが痛いかな」なんて思いつつ、油断していたらこのざまです。
風邪は初期段階から、きちんと対処しましょう。

身体がダウン気味だと、それにつられて精神的にも落ち込んでくるもの。
布団に包まりながら、天井をボーっと眺めていると余計な事を考えてしまうものです。
「このまま死んじゃったらどうしよう」なんて。

家族とは離れて暮らしているので、いざという時はあてにならないし、誠に残念ながら看病してくれる相手もいない。
いざという時になったら、自分でどうにかしておかないと大変な事になるのは必然なのだ。
せめて電話ができる状態だったらまだいい、誰か手近な人に助けを求めればよいのだから。
でも、そんな体力も残っていなかったら?
人知れず死んでいって、朽ち果てていく自分の姿が目に浮かぶ。
その後、自分が死んだら葬式はどうして欲しいとか、墓はどうするのかとか、挙句の果てには自分の葬式には来て欲しい人リストなどというエラク具体的なものを考え始める始末。

今考えると、ものすごく馬鹿馬鹿しい。
風邪ごときで何様なのだ。

そして少し元気になった今、部屋を見回して「あぁ、死ななくてよかった」と実感する。
極限まで散らかっているこの部屋を人様に見せる事は、死んでもいやだ。
ただ、独りきりで寝込んでいる姿と同じくらい、病み上がりで部屋を掃除している姿も結構、哀愁が漂っているような気がする。
[PR]
# by hiro-iti | 2008-02-14 22:35 | 日常